熱帯擾乱

熱帯擾乱は、低緯度域の暖気を中高緯度域に運ぶ役割を果たし、気温に大きく影響を及ぼすことがあるため、本サイトでは地球上の全ての熱帯擾乱に注目しています。

まず衛星画像の動画を見て熱帯擾乱と思われる所(低気圧性の渦があり、24時間以上、背の高い対流雲の発生が持続)を抜き出し、その擾乱に対する各国の天気図等での解析状況を確認し、それらを表にまとめて掲載します。この作業を1日1回、原則日本時間の朝に行っています。参照しているサイトは「リンク集」に掲載しております。

ご意見、ご質問などありましたら、上のバーの「お問い合わせ」より、お気軽にお送りください。

2020年9月26日(協定世界時)の熱帯擾乱
日付、時刻 おおよその位置 位置の説明 名前
(過去のものを含む)
中心気圧(解析時刻、機関)または
最大風速(解析時刻、機関)
9/26 21UTC 159E20N 南鳥島のSE なし 1004hPa(21UTC、JMA)

2020年09月27日