全球大気の流れ、寒気・暖気の状況:2021年1月12日12UTC

★注目される現象(500hPa流れ、850hPa気温)
・北欧S部の寒冷渦:寒気強化
・ロシア50Eの寒冷渦:寒気強化
・タイミル半島の寒冷渦:寒気強化
・インドシナ半島での寒気南下持続
・南大西洋50Wの寒気トラフ:寒気北上

★個別詳細
【北半球の500hPa流れ、850hのPa気温】
・偏西風の蛇行は、小~大。特にアイスランド~グリーンランドのリッジで蛇行大。
・大西洋35Wの寒気トラフ:寒気東進、850hPa・0℃線は40N
・アイスランド~グリーンランドのリッジ:暖気北上、850hPa・-4℃線が70Nまで
・北欧S部の寒冷渦:寒気強化、850hPa・-12℃以下の領域が拡大
・バルカン半島~アルジェリアの寒気トラフ:寒気東進、850hPa・0℃線は35N、アルジェリア~リビアW部では寒気南下
・南スーダンとその周辺で昇温
・ロシア50Eの寒冷渦:寒気強化、850hPa・-20℃以下の領域が拡大
・カザフスタン70Eの寒冷渦:寒気東進
・タイミル半島の寒冷渦:寒気強化、850hPa・-28℃以下の領域が拡大
・インドシナ半島で寒気南下持続:850hPa・12℃線が10Nまで
・日本の寒気トラフ:寒気東進、850hPa・-8℃線は35N
・カナダ120Wのリッジ:暖気後退、850hPa・0℃線は60Nの少しS
・メキシコ85Wの寒気トラフ:寒気持続、850hPa・0℃線は25N
・エルズミーア島のSWの寒冷渦:寒気強化、850hPa・-20℃以下の領域が拡大
・カナダ70Wの寒気トラフ:寒気南下、850hPa・-8℃線が45N以南まで
【南半球の500hPa流れ、850hPa気温】
・偏西風の蛇行は、小~やや大。
・アンゴラ~南アフリカで昇温
・オーストラリアのSの120Eの寒気トラフ:寒気北上、オーストラリアS部では昇温
・ニュージーランドで昇温
・大西洋50Wの寒気トラフ:アルゼンチン40S以北~ブラジルS部で寒気北上

★850hPa気温の低極、高極:ECMWF解析図から読み取り
・北半球低極 -32℃:シベリア110E58N、同125E66N付近
・南半球低極 -20℃:南極大陸10W85S、100E83S付近
・高極(12日00UTC) 24℃:オーストラリアW部、アルゼンチンN部とその周辺
・高極(12日12UTC) 28℃:オーストラリアW部

※ 図はヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)ホームページより転載

北半球500高度850気温
南半球500高度850気温
北半球地上気圧
南半球地上気圧
全球500高度850気温

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です